(13_02_10)

"〈わたせせいぞう個展〉と〈佐瀬麻友子×宮島亜希 二人展〉に行ってきました!"

展示

まずは、

 

2013年、明けましておめでとうございます(><)

…遅い!!!

すみません。

 

気がつけば、前回の更新から約半年…。

もっと普段から感じたこと、思ったことを細かく記していけるよう、

作品ももっと多くの人の目に触れていただけるよう、

今年も私らしく、気合いを入れていきます!!

 

 

そして、今日は2つの展示に行ってきました。

ひとつは表参道ヒルズ内ギャラリーコーワの〈わたせせいぞうバレンタイン企画〉という

わたせせいぞうさんの個展。

小さい頃から、この方のイラストはいろんな場面で目にしてきたけど、

こんな風にしっかりとした展示として見たのは初めてでした。

 

自分はずっとファッションイラストを描きたいと思ってきたから、

今までは、少し幅の狭い世界の展示にばかり行っていたのかもしれない。

それが決して悪いことではないけれど

最近は、自分が今まであまり興味を持ってこなかったどんな世界も

必ず自分のイラストに活かされる糧になるということに気付き、

もっといろんなものを幅広く見たいと思うようになった。

わたせせいぞうさんの作品も、

絵描きとしてすごい方とは思っていながらも

こんなにじっくりと見ようとしたことはなかったのです。

 

今回そんな心持ちで作品を見てきましたが

まず、彼の作品は画面構成力がものすごい。

一枚の絵として生き物と背景がつくりだす全体の空気感、色のつかい方、バランス、絶妙でした。

私のデザインの恩師は『イラストは構成力だ』と言っていましたが、

それをまざまざと目の当たりにした感覚。

そして、過去の作品を見ても

線のライン、色の塗り方、技術力も半端ではなかったです。まさに職人。

パソコンが使える今の時代、こんな技術を手に持っている人はどのくらいいるんだろう。

彼の構成力と技術が組み合わさって、

さらに加わる独特のトレンディー感が、何とも言えない素敵な味わいを出していました。

もともとは漫画家の彼ですが(知らなくてびっくりしました)

イラストレーターとして学ぶことはとても多かった。

彼のように、職人として自分のオリジナリティを出しながら

人が喜ぶ、人に感動を与える絵描きになりたいと、改めて感じました。

調べてみたら、なんと世田谷に彼のギャラリーがあるということなので

今度ぜひ足を運んでみたいと思います!

 

☆イラストレーター わたせせいぞうさんのサイト ▶ http://apple-farm.co.jp

 

 

そして、その後には神宮前にあるタンバリンギャラリーで行われていた

〈佐瀬麻友子×宮島亜希 二人展〉に向かいました。

実は二人とも2011年12月の寺子屋というイベントで会ったことがあるお二人です。

(お二人はあまり覚えていないかもですが^^;)

宮島さんに関しては、何年か前から気になっていて、

密かにいろいろな展示に足を運んでいたりもしました。

クロージングパーティ中で人が多く、なかなかゆっくり見れなかったのですが

宮本一粋というアーティストの方の曲の歌詞(だと思われる)言葉をテーマとして

二人がイメージするものをそれぞれ描き上げる、という展示内容でした。

グレープ展でテーマがあることはよくあるけれど

今回は二人ということで、並べて見て、捉え方の違いがはっきりとわかっておもしろかった。

 

なにより、二人ともファッション雑誌や広告で活躍中なので、とても良い刺激だった。

描かれる線の美しさ、女性の表情とか、吸収すべき部分もたくさんあって、

負けていられない、と正直思いました。

私は、このテーマだったらどんなものを表現するだろう。

そんなことを考えるのも楽しいな。

 

☆イラストレーター 佐瀬麻友子さんのサイト ▶ http://www.mayukosase.com

☆イラストレーター 宮島亜希さんのサイト ▶http://akimiyajima.com

 

 

対称的な二つの展示に足を運んで

イラストというものを改めて考えさせられました。

その考えた結果を、またこの場で、作品として発表していきたいと思います!

ログイン